祖父江羽化とご報告。

伸び伸びになりましたが、祖父江の羽化報告です。

7月7日に羽化した個体が、85.2mmと念願の85mmを超えることが出来ました。

測定はここのところ話題のクワカブランドの木下店長にお願いしました。
なかなか測定写真って面倒なので、助かっちゃいました。
測定が苦手の方は虫でも買って、お願いするのも手ですね(笑)。


【祖父江1番 ♂ 84.8mm('14祖父江 2番)×♀ 51.0mm('14祖父江6番)】 16SO-118
R0027908.jpg
これがプロの測定です。 写真がちょっと暗かったかな。


ちゃんとした写真がなかったので、取りあえず写真羽化1週間後の写真です↓。
うちの祖父江にしては、幅もあってカッコイイです。

この虫は投入が16年8月24日とかなり遅いのに関わらず、
掘り出しが7月7日でした。もう少し幼虫期間を延ばすことが出来たら、
更に伸びたのか、または不全になっていたのかなどと考えちゃいます。


R0027792.jpg

前の記事で、『祖父江を継続する条件はやっぱり85ミリupかなー。』
と書いていたのですが、いろいろと考えて85ミリupを1つの区切りとして、
祖父江は今年で卒業することにしました。

理由は能勢YGに絞るのが目的です。
能勢YGは今年も86mmまでしか出てないので、もう少し伸ばしたいです。

幸い少しづつ期待出来そうなラインが出てきたり、良い補強が出来て
来ているので期待しています。





この日は長野からグリーンさんがクワカブハウスに来店しました。
donさんにも来ていただき、クワカブさんに長居をしてしまいました。


今回、里子【♂85.0mm(Gull氏YG1524-8)×♀54.0mm(Gull氏YG1608-18早期羽化)グリーンさん里子】
の追加をしていただきました。このラインは絶対来ると睨んでいるラインなので嬉しいです。

うちからも予定通り、shimaさんラインを2頭飛ばしました。
近日中に管理表に反映させておきます。
R0027911.jpg
下のボトルが隠れていますが、5ビンあります。
スポンサーサイト

2017年度ブリードライン。

今回は、2017年度のブリードラインをご紹介します。

今年は5♀、ペアリングをさせたものの、卵を採ることが出来ませんでした。
産卵数の少ない♀もいました。
全178頭だと思います。
幼虫補強などで少し増やしたものの、予定より100頭位少ないですかね。

もうすべて菌糸ビンに投入しています。
番号は抜けを無くすよう、振り直しています。
幼虫購入したものについても、連番としています。

自ブリ♀の体長をまだ測定していません。
そのうち測定して記入いたします。
管理表も近日中にupします。



能勢YG1番♂86.8mm(14きくまる能勢YG11番) ×♀('16きくまる能勢YG4番早期)

能勢YG2番♂86.8mm( 14きくまる能勢YG11番 )×♀51mm 16クワカブCライン早期

能勢YG3番♂86.8mm( 14きくまる能勢YG11番 )×♀'16きくまる'能勢YG1番(Gullさん1604)早期

能勢YG4番♂86mmB('14HSさん4番 )×♀51mm(16クワカブCライン早期)

能勢YG5番♂86mmB('14HSさん4番 )×♀'16きくまる能勢YG3番早期

能勢YG6番♂85.5mm(14きくまる能勢YG9番 )×♀('15きくまる'能勢YG3番)

能勢YG7番♂84mm('15C98さんYG1-28 )×♀53mm('15shima1007さんH27-Y1-13)

能勢YG8番♂83.5mm(15きくまる能勢YG3番)×♀'15きくまる'能勢YG6番

能勢YG9番♂83.0mm('15きくまる'能勢YG7番)×♀'15きくまる'能勢YG1番

能勢YG10番♂84mm('16とも氏早期)×♀'16きくまる能勢YG3番早期

能勢YG11番♂88.3mm(15shima1007)×♀57.5mm(15shima1007)INLINE shima1007さん幼虫購入

能勢YG12番♂85.0mm(Gull氏YG1524-8)×♀54.0mm(Gull氏YG1608-18早期羽化)グリーンさん里子

能勢YG13番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀53.0mm(ワイドカウ氏15YGA12)幼虫購入

能勢YG14番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀55.5mm(1502 ne3氏)幼虫購入

能勢YG15番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀59.0mm(B団さん) 幼虫購入


新成虫については、少しづつ羽化して来ましたが、まだ固まっていない個体が
多いです。

採集に行って来ました。

7月22日、23日と一泊二日で灯火採集に行って来ました。

場所は灯火採集では有名な福島県南会津大桃です。
この辺はロッジに泊まると、灯火採集が出来ます。

ただし役所に申請するため、場所は予め決められていて、
採集出来る人数も限られます。
今回はdonさんがすべて段取りしてくれました。

これがロッジからの眺めです。
ロッジは綺麗だし料理も美味しくて満足しました。

1500816241837.jpg


ここが我々の灯火採集エリアです。
今回は決められたエリアなので、ライトを照射する場所も
ほぼぼぼ限られてしまいます。
山も比較的低い山なのでどうなんだろう?
と思いながら始めると、断続的にミヤマ♀を中心に普通種が
飛んで来ました。

R0027807.jpg

そして程なくオオクワメスが飛んで来ました。(写真は撮り忘れました)

そして次は遂にオオクワオスが来ました。
こちらは飛翔しているのも確認出来ました。
donさんが軽くはたき落としゲットしました。
大歯型の♂でした。
R0027802.jpg

そして3頭目も来ました。
オオクワ♀です。
こちらも飛んで来るのが見えました。
R0027805.jpg

実はわたしは♂1頭、♀2頭採れるのを予告していました(笑)。
1500816253209.jpg

宿に帰って、並べてみました。
♂は65ミリありました。
内側の歯が中向きなので、累代ブリードをすればまだまだ大きくなると思います。
donさんが大きく育ててくれるでしょう。
R0027811.jpg


このエリアは採集実績の話もいろいろとあり、
やっぱりオオクワが多く生息するようです。
比較的低い山が延々と続いているので、開発が進まない限り
採れるのではないでしょうか。
オオクワを採りたい方にはお薦めですね。

わたしは念願の♂が採れたし、飛翔しているのも見れたので
灯火採集には満足したのですが、今度は飛翔している所を
写真撮影したいと思うようになりました。

donさんまた来年も行きましょう!


近況報告。

ご無沙汰しています。
2016年度のブリードも大詰めを迎えています。
でも今だ、ここでご紹介出来るような個体は羽化していません。

♀に関しては、自己新となる個体が出ました。
羽化してすぐなので、尻が収まっていませんが、59ミリ台あります。
以前ご紹介した早期55ミリ♀と同じ3番ラインからです。

2本目にオスと間違え、Lビンに入れてしまい、2本で返しています。
クワガタのメスと言うより、カブトのメスに近い感じがしました。


R0027783.jpg


さて、羽化に関しては終わりです。
次は補強です。

今年は5♀から卵が採れず、菌糸が余りそうな状況なので、
幼虫の補強を少し増やしています。

まずはshima1007さん。
shima1007さんからは、♀をオクで落札したのですが、
その時に幼虫も購入予約をしておきました。


R0027756.jpg
shimaさんの幼虫は菌糸入りのプリンカップに入っています。
割ることが出来ず、8頭購入しました。

下がその証明書です。
♂親のスラッと伸びたアゴが魅力的でお願いしました。
島さん幼虫


こちらが♀の保証書と管理表です。
(今回から偽装防止用に「きくまる」印を入れさせてもらいます。)

この♀は優秀な♀で、すんなりと産卵してくれました。
ペアリングリストは次回、公開させていただきます。
島さん♀

島さん幼虫管理表


次はグリーンさんから、幼虫5頭の里子です。
幼虫が採れていないということで、オクに出す予定の予虫を
廻していただきました。
お礼にshima1007幼虫 2頭を飛ばしますね。
(忘れたらゴメンナサイ。)

グリーンさん、懇親のライン・・・頂戴いたしました。
R0027789.jpg
♂♀とも貴重なGullさんの虫です。
Gullさん種親
グリーンさんGullさん種親2

例年ならこの位の補強なのですが、今年は幼虫が採れていないので
プラスα分という言い訳で(笑)、前から好きだった891ギネスラインの
幼虫がオクに出品されていたので、落札させていただきました。


この♂はBE-KUWAでギネスを取った時の写真を見て、ちょっと
のっぺりとしたフォルムが気に入りました。
チャンスがあれば、その血統を手に入れたいと思っていました。

このラインに限っては、特別に大きくなってくれなくても良いです。
完品で羽化してくれれば・・・。
R0027782.jpg

YG891証明書53mm



更に購入後、出品者のご厚意で余品を仕込ませていたたきました。
♀55.5ラインと♀59.0ラインです。

たまたま♂891の異母3ライン揃ったので、
♂891のフォルムを生かした個体を残せるようなブリードをしたいです。

R0027790.jpg
891♀555





R0027791.jpg
891♀590


次回は、今回ご紹介出来なかった♂補強個体などをご紹介したいと思います。








2017年もブリードやっています。

ブログの更新は久しぶりになりましたが、
ブリードは今年も続けています。

当初は能勢YGと久留米のブリードをする予定でいましたが、
能勢YGの計画数が増えてしまい、能勢YGに絞ることにしました。

♂は2年目の♂、1年目の♂、補強した♂を使います。
♀も自ブリライン、自ブリ早期、補強ラインがいます。
詳細は幼虫が採れた時点で発表します。

久留米は信頼出来るブリーダさんに託しました。

現在、産卵セットに♀を投入(14頭)して1週間になります。
10日から2週間産ませておく予定です。

全て材を齧っているのですが、齧りの少ない♀もいるので、
少し心配です。

R0027676.jpg


補強もしています。
こちらはB団uechan様から購入した84mmの早期個体です。
血統と形が気に入り、ぎりぎりで補強しました。
今年は1♀くらい付けられれば良いと思っています。

R0027669.jpg
♂84.0mm(M88.3×53.0)


その他の補強はまた後ほど・・・。



2016年ブリードの幼虫は投入の早かった虫から
前ヨウ、ヨウ化しています。
R0027673.jpg
こちらは3本目39.5gの幼虫。良い感じです。



こちらは(Gullさん1604) ♂88.4mm(YG1422-15)×♀55.0mm(YG1407-8 ) 幼虫購入個体
なんか頭がデカいのか、ヨウ室が小さいのか。

R0027674.jpg
 
それではまた。
プロフィール

きくまる

Author:きくまる
FC2ブログへようこそ!                  軽井沢から埼玉県に移住しました。              趣味は(写真撮影、山歩き、自転車等々)⇒環境が変わってインドア派に変わりました(笑)。 年齢:アラヒフ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
幼虫管理表

2011年
久留米
祖父江
明野
能勢YG
その他

2012年
久留米
祖父江
城島

2013年
久留米
祖父江
能勢YG

2014年
久留米
祖父江
能勢YG

2015年
久留米
祖父江
能勢YG

2016年
祖父江
能勢YG

2017年
能勢YG

最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問ありがとうございます!