スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パプキンブリード報告2

パプキンブリード報告の続編です。
前回御報告した期待のオスの同腹達が羽化して来ました。
こちらは大きさはあまり大きくなかったので、ノーマークの固体たちですが
完品羽化してくれて嬉しいです。

その1
R0018619.jpg
この固体で45ミリ程度です。

その2
R0018620.jpg
こちらは48ミリ程度あります。
この位の大きさになるとパプキンでも迫力が出て来ます。
羽化して間が無いので、まだおとなしいです。

どちらもボディカラーはグリーン系で明るめ?のモスグリーン色です。
種親と同じようなカラーでした。
やっぱり♂はオス親の影響を強く受けるのでしょうか?

うちの初めての(アバウトな)パプキン飼育でも、かなり大きい固体が羽化して来ました。
それもオスはすべてモスグリーン色です。
ちょっとパプキンブリードに自信がつきました(笑)。

こうなって来ると、ブルー色固体でギネスを出すという、わたしの目標に
一歩近づいたかなー?
今後はなるべく大きい♂♀を掛け合わせ、累代飼育を行いたいと思います。




スポンサーサイト

パプキンブリード報告

こんばんは。
こちらは早くも紅葉真っ盛りです。
浅間山も先日、初冠雪し車の窓も凍りました。

オオクワは…特に御報告はありません(笑)。
久留米、祖父江は2回目のビン交換後でどこまで大きくなるかなので、
1回目のビン交換結果は気にはしますが、あくまで途中経過と捉えています。


さて今回はパプキンのブリード報告となります。
うちでは菌糸ブロックによる多頭飼育組とプリンカップ、菌糸ビン組が
いるのですが、菌糸ビン組は以前ご報告した通り、すでにほとんど羽化
しています。プリンカップ、菌糸ビン組もメスはすでに羽化し、オスの
羽化を待つのみとなりました。

その中で先週ヨウ化した固体から大きいのが出ました。
R0018521.jpg
アゴの部分を除いた長さが約4センチあります。
パプキンの飼育ギネスが50.7ミリなんですが、その位だと胴体部の長さが
約3.5センチ位です。

まあ菌糸ビンの凸レンズ効果によって、デカく見えているのもあるかと
思いますが、羽化まで楽しませていただきます。

それに対して、菌糸ブロック組は本日早くも産卵セットを組みました。
R0018537.jpg
ちょっとピンボケ気味ですが、モスグリーン系♂とエメラルドグリーン系の♀を
掛け合わせました。
こちらは色狙いでして、一番きれいなメスを選びました。
さっさと後食を済ませ、ペアリング済です。

あくまで本業はオオクワなので、余り数を増やさないようにブリードいたします。

サプライズはありませんでした。

ちょっと間が空いてしまいました。
タイトルが示すようにその後、大型君は出て来ませんでした。
久留米はまだ完全固まっていませんが、maxで81ミリ程度、羽パカで82ミリ程度で、
御紹介するような固体は出ませんでした。
能勢YGもmaxで80ミリ台になりそうです。
そして明野産は親越えが難しくなって来ています。

祖父江はほぼ固まったようなので、計測してみました。
まず最大サイズ
祖父江 2番 ♂81mm(マツノ6番)×♀51mm(マツノ5番) 21番
R0017935.jpg
83.4ミリでほぼ固まったと思います。

そして尻出しだった固体も見事にダイエットしました。
祖父江 2番 ♂81mm(マツノ6番)×♀51mm(マツノ5番) 16番
R0017939.jpg
サイズは81.2ミリまで縮みました(汗)。

そして初登場の羽パカです。
祖父江 2番 ♂81mm(マツノ6番)×♀51mm(マツノ5番) 5番
R0017937.jpg
サイズは82.8ミリあります。
この固体はビン底にヨウ室を作っていたのを見逃してしまいました。
他に羽パカはいないので、原因はビン底ヨウ室のせいだと思います。
形が良いので非常に残念です…。

来期の種親は21番83.4ミリと羽パカですが5番82.8ミリに決めました。
祖父江はアゴが直線的で長いのでサイズを出し易いことが解りました。ただ体重を
乗せ過ぎると不全も多くなるようなので、アウト♀の選び方が重要になりそうです。
早くも来年が楽しみです。

そして最後に。
管理が大変なので、種親以外は手元に残さない予定です。
もしうちの祖父江ラインの余品(70ミリ台後半~81ミリ台まで)およびその他を
購入していただける方がいましたら、お早めに御連絡下さーい。



祖父江産その後。

祖父江産のその後ですが、種親候補が羽化して来ました。

まず1頭目。幼虫体重32.2gはうちでは最大でした。
R0017776.jpg

まだ少しお尻が出ていますが、今のところ82mmあります。

そしてもう1頭。
こちらは幼虫体重31.0gからですが、体長は83.5mmと祖父江最大サイズとなりました。
(完全に固まっていないので計測値は概略値です。)R0017778.jpg

ちょっとまったりしていて迫力がありませんが、アゴを開けばなかなかカッコ良いです。
お尻の出が少なかったのが、サイズにつながったんでしょうね。

この2頭を来期の種親にしたいと考えています!!
この血統は尻出しは出た(現在ダイエット中)ものの、不全は出ていないので、まだまだ大きくなる
血統だと信じ、気合を入れて累代飼育をしていきます。体表面にはディンプルも少なく、きれいなことも気に入っています。

さあ、次は久留米の羽化だぁ!!


祖父江産 羽化しましたが・・・。

えー、やっと祖父江が羽化しましたが、ちょっと完品にはならないかも知れません。

R0017744.jpg

羽化した直後は羽も閉じてるし、ヤッタと思ったのですが、
内羽をたたむと、
R0017746.jpg

見事な尻出しでした(汗)。

R0017747.jpg

今のところ、23.7g、24.7gの蛹と幼虫体重29.5gからの3頭とも同様に尻出しです。
若干、29.5gからの成虫がアゴの形も良く、尻の出も小さく良い感じです。
R0017751.jpg

もうちょっとダイエットして完品になってくれると嬉しいですが。 

上羽をもう少し長く、羽化してくれれば良いと思うのですが、栄養の与え過ぎなんでしょうか?
今現在、尻の先までなら87mmありますが、羽の先までだと80mm位になってしまうと思います。

累代飼育をすると、今年の尻出しの失敗を反省して、もうちょっと羽を伸ばして羽化して来てくれないかな!!

プロフィール

きくまる

Author:きくまる
FC2ブログへようこそ!                  軽井沢から埼玉県に移住しました。              趣味は(写真撮影、山歩き、自転車等々)⇒環境が変わってインドア派に変わりました(笑)。 年齢:アラヒフ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
幼虫管理表

2011年
久留米
祖父江
明野
能勢YG
その他

2012年
久留米
祖父江
城島

2013年
久留米
祖父江
能勢YG

2014年
久留米
祖父江
能勢YG

2015年
久留米
祖父江
能勢YG

2016年
祖父江
能勢YG

2017年
能勢YG

最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。