スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤエヤマコクワ近況。

今年もいよいよ大晦日ですね。
それとは関係なく、ヤエヤマコクワのブリードの近況報告をさせていただきます(笑)。

ヤエヤマコクワはなかなかタマゴが採れず苦戦しています。
11月13日から産卵セットを組んでますが、やっと3タマゴだけ採れました。
ちゃまさんのギネス同腹ラインからの仔です。

ヤエヤマコクワのメスはオオクワのメスに比べて小さくて力がないため、
産卵木を削れないせいか、表面付近にタマゴを産んでいました。
これがそのうちの2タマゴです。
R0028017.jpg

R0028018.jpg



今回のブリードはオオクワでギネスを出したおやっさんのブリード方法を
試しています。

それとビークワの記事を参考に、17℃から20℃程度の低温で飼育しています。


タマゴの割りに、幼虫は小さい気がします。
R0028019.jpg


そして孵化後、すぐにプリンカップに投入しています。
1週間位で潜って行きました。
R0028021.jpg


もう少し幼虫が欲しいので、現在、神長さんのSLデジケースに入れています。
どの位産んでくれるのか楽しみです。
ケースの真ん中に長いボルトを差し込んでいます。
どんな効果があるんだろう?
DSC_0009.jpg





それと幼虫で購入した5頭は、2頭は★となり、3頭は菌糸ビンに投入しました。
♂と思われる0.6g幼虫は800ccビンへ、0.2gと測定不能幼虫は400ccビンに
入れています。

まだ初令か2令なんでしょうね。
R0028015.jpg
↑0.6g幼虫。

R0028014.jpg
↑0.2g幼虫。

2番目の♀、3番の♀も現在産卵させています。

また何か話題が出来ましたら、ご報告させていただきます。
それでは良いお年を。。。


スポンサーサイト

里子と里幼虫。

ビン交換前のこの時期は、クワ作業はやることがないんですよね。
でも今年は割といろいろとやっています。

オオクワの種親を仕込んだり、今年始めたヤエヤマコクワのブリードなどです。
今回、ご紹介するのはかっちゃんさんからの里子86mmです。

この種親はうちの14年能勢YG6番ライン84mmの仔です。
♀親は黒王さん2014YG4W06 53mmです。

今や、かっちゃんさんは久留米で90mmを狙うブリーダさんです。
故松野さんからも期待されていたそうです。
久留米の温度管理で育てたこの能勢YGラインからは87mmオーバーが出ています。


R0027983.jpg
アゴががっちりして良い形をしています。

R0027979.jpg
メスのサイズは記載してありませんが、測定したところ54.5mmありました。


img067.jpg
どこかで見たような管理票のフォーマットです(笑)。





これも里子と言うんでしょうか?
里幼虫とでも言うか・・・。

クワカブさんからワイズCライン幼虫を2頭仕込みました。
このラインは40gup幼虫が多発しているラインです。
わがままを言って、うちで詰めたガラスビンに投入してもらいました。

39.7gと41.1g幼虫をその場で掘って、入れ替えて貰いました。
うちではこの幼虫を使って、羽化の実験をしてみようと思っています。
もちろん完品で羽化させるつもりです。

R0028011.jpg


R0028010.jpg


R0028013.jpg
左側の2つが、♂幼虫を投入したガラスビンです。同ラインの♀も2頭仕込みました。
こちらは普通に温度管理します。

管理表のupと近況報告。

'17年度2本目へのビン交換を終了し、管理表をupしました。

途中までは、そこそこ感触は良かったです。
ave.もそこそこ良かったし。

でもオアシスの途中経過が悪いですねー。
最大で24g台だと思います。

幼虫を投入するときに少しビンが暖かかったんですが、
少しだけ置いて投入しちゃったんですよね。
★も多いし・・・。2本目で挽回してくれることを勝手に期待しています。

2本目では♀ビン全てと♂ビンの1/3程度を新しい菌糸に変えています。
ホントは♂ビンは実績があるものにしたかったのですが、納期待ちに
耐えられず、変えました。はっきり言って、期待しています。
余程のことがなければ、この菌糸を使い続ける予定です。

それと'16年度の管理表も現在までの状況をupしました。
現在までのと言うのは、今年は幼虫のままの個体が15頭位いたため、
菌糸の状態を見て、劣化しているビンはマットに入れ替えました。

もうすでに、ヨウ化や前ヨウも出ています。
完品で羽化してくれることを勝手に期待しています。

DSC_0463.jpg
今は、飼育棚の上段で保管しています。





それとGullさんから♀を補強しました。

これは前々回のブログで紹介したhinamax0708からの個体(84.5mm)と
ペアリングさせる予定で補強しました。

写真の通り、きれいな個体です。
Gullさん、良い個体を選んでくれてありがとうございました。
R0027918.jpg

Gullさん1608




そして最後は、ヤエヤマコクワです。

写真を見ていたら欲しくなり、オクでポチしちゃいました(-_-;)。

名称はコクワですが、アゴの形はオオクワに似ていると思うんですよね。
サイズが50mm位になったら、内歯の形がオオクワの大歯形になるんじゃないかな?
それが見てみたいです。

出品者は親切な人で採集場所や採集者も教えてくれました。
採集行っちゃうかな(笑)。
R0027919.jpg

幼虫もオオクワに似ています。
R0027928.jpg

クワカブランドさんでプリンカップを購入して投入しました。
菌糸は大夢です。
R0027931.jpg
なんくるないさ~



補足
'15年の管理表のビローンと伸びてるのも直しました。
一応、ご報告しておきます。



2017年度ブリードライン。

今回は、2017年度のブリードラインをご紹介します。

今年は5♀、ペアリングをさせたものの、卵を採ることが出来ませんでした。
産卵数の少ない♀もいました。
全178頭だと思います。
幼虫補強などで少し増やしたものの、予定より100頭位少ないですかね。

もうすべて菌糸ビンに投入しています。
番号は抜けを無くすよう、振り直しています。
幼虫購入したものについても、連番としています。

自ブリ♀の体長をまだ測定していません。
そのうち測定して記入いたします。
管理表も近日中にupします。



能勢YG1番♂86.8mm(14きくまる能勢YG11番) ×♀('16きくまる能勢YG4番早期)

能勢YG2番♂86.8mm( 14きくまる能勢YG11番 )×♀51mm 16クワカブCライン早期

能勢YG3番♂86.8mm( 14きくまる能勢YG11番 )×♀'16きくまる'能勢YG1番(Gullさん1604)早期

能勢YG4番♂86mmB('14HSさん4番 )×♀51mm(16クワカブCライン早期)

能勢YG5番♂86mmB('14HSさん4番 )×♀'16きくまる能勢YG3番早期

能勢YG6番♂85.5mm(14きくまる能勢YG9番 )×♀('15きくまる'能勢YG3番)

能勢YG7番♂84mm('15C98さんYG1-28 )×♀53mm('15shima1007さんH27-Y1-13)

能勢YG8番♂83.5mm(15きくまる能勢YG3番)×♀'15きくまる'能勢YG6番

能勢YG9番♂83.0mm('15きくまる'能勢YG7番)×♀'15きくまる'能勢YG1番

能勢YG10番♂84mm('16とも氏早期)×♀'16きくまる能勢YG3番早期

能勢YG11番♂88.3mm(15shima1007)×♀57.5mm(15shima1007)INLINE shima1007さん幼虫購入

能勢YG12番♂85.0mm(Gull氏YG1524-8)×♀54.0mm(Gull氏YG1608-18早期羽化)グリーンさん里子

能勢YG13番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀53.0mm(ワイドカウ氏15YGA12)幼虫購入

能勢YG14番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀55.5mm(1502 ne3氏)幼虫購入

能勢YG15番♂89.1mm(富岡氏'15ギネス1401-2)×♀59.0mm(B団さん) 幼虫購入


新成虫については、少しづつ羽化して来ましたが、まだ固まっていない個体が
多いです。

近況報告。

ご無沙汰しています。
2016年度のブリードも大詰めを迎えています。
でも今だ、ここでご紹介出来るような個体は羽化していません。

♀に関しては、自己新となる個体が出ました。
羽化してすぐなので、尻が収まっていませんが、59ミリ台あります。
以前ご紹介した早期55ミリ♀と同じ3番ラインからです。

2本目にオスと間違え、Lビンに入れてしまい、2本で返しています。
クワガタのメスと言うより、カブトのメスに近い感じがしました。


R0027783.jpg


さて、羽化に関しては終わりです。
次は補強です。

今年は5♀から卵が採れず、菌糸が余りそうな状況なので、
幼虫の補強を少し増やしています。

まずはshima1007さん。
shima1007さんからは、♀をオクで落札したのですが、
その時に幼虫も購入予約をしておきました。


R0027756.jpg
shimaさんの幼虫は菌糸入りのプリンカップに入っています。
割ることが出来ず、8頭購入しました。

下がその証明書です。
♂親のスラッと伸びたアゴが魅力的でお願いしました。
島さん幼虫


こちらが♀の保証書と管理表です。
(今回から偽装防止用に「きくまる」印を入れさせてもらいます。)

この♀は優秀な♀で、すんなりと産卵してくれました。
ペアリングリストは次回、公開させていただきます。
島さん♀

島さん幼虫管理表


次はグリーンさんから、幼虫5頭の里子です。
幼虫が採れていないということで、オクに出す予定の予虫を
廻していただきました。
お礼にshima1007幼虫 2頭を飛ばしますね。
(忘れたらゴメンナサイ。)

グリーンさん、懇親のライン・・・頂戴いたしました。
R0027789.jpg
♂♀とも貴重なGullさんの虫です。
Gullさん種親
グリーンさんGullさん種親2

例年ならこの位の補強なのですが、今年は幼虫が採れていないので
プラスα分という言い訳で(笑)、前から好きだった891ギネスラインの
幼虫がオクに出品されていたので、落札させていただきました。


この♂はBE-KUWAでギネスを取った時の写真を見て、ちょっと
のっぺりとしたフォルムが気に入りました。
チャンスがあれば、その血統を手に入れたいと思っていました。

このラインに限っては、特別に大きくなってくれなくても良いです。
完品で羽化してくれれば・・・。
R0027782.jpg

YG891証明書53mm



更に購入後、出品者のご厚意で余品を仕込ませていたたきました。
♀55.5ラインと♀59.0ラインです。

たまたま♂891の異母3ライン揃ったので、
♂891のフォルムを生かした個体を残せるようなブリードをしたいです。

R0027790.jpg
891♀555





R0027791.jpg
891♀590


次回は、今回ご紹介出来なかった♂補強個体などをご紹介したいと思います。








プロフィール

きくまる

Author:きくまる
FC2ブログへようこそ!                  軽井沢から埼玉県に移住しました。              趣味は(写真撮影、山歩き、自転車等々)⇒環境が変わってインドア派に変わりました(笑)。 年齢:アラヒフ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
幼虫管理表

2011年
久留米
祖父江
明野
能勢YG
その他

2012年
久留米
祖父江
城島

2013年
久留米
祖父江
能勢YG

2014年
久留米
祖父江
能勢YG

2015年
久留米
祖父江
能勢YG

2016年
祖父江
能勢YG

2017年
能勢YG

最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。