スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌糸ビン作製プロジェクト5 いよいよ投入

菌糸ビン作製プロジェクトも1か月ほど間が開きました。
その間やっと最後の菌糸ビンの菌がきれいに廻り、
また幼虫投入の時期となったので、めでたく投入となりました。

B添加剤7%は菌糸ビン下部の菌が廻らないため、
使用できないという判断を下しました。

C添加剤の場合は7%添加しても菌は廻るので、添加剤によって
添加量の限界は違うようです。そこで今回は菌糸と相性の
良さそうなC添加剤から作り始めました。
なのでB添加剤については、時間や材料の関係で添加剤4%を
添加したビン5本と最初に作製した5%ビン1本だけの評価と
なってしまいました。

一覧表


またC添加剤5%の本数が1本少ないのは、(中古のプラビンを使った
ため)洗浄時に汚れを落としきれず、点状のカビが発生してしまいました。
やっぱり1次発菌では汚れやカビは厳禁です。

ちなみに写真にある950ccビンは菌糸の状態を確認しやすいよう
各条件に1本づつ作製し、残りはプラの800ccビンです。

そしてB添加剤4%とC添加剤7%,5%3%のビン各3本(計12本)を、
今勢いのあるブリーダーのグリーンさんにも評価していただきます。
それとこのガラスビンもグリーンさんに提供していただいています。

調査を実施するラインはGullさんのラインで血統的に優れており、
また爆産してくれた
能勢YG8番 ♂84mm(12Gullさん1番) ×♀54.5mm(12Gullさん12番)
にしました。怒涛の42頭投入したので他の菌糸との比較が出来る
と思います。

参考までにCビン3%添加剤の菌糸ビン上面の状態です。
きれいに菌が廻っています。
R0020219.jpg

Cビン3%添加剤での投入写真です。
上面の白い菌糸を取り去り、幼虫を投入しています。
R0020220.jpg

今回の試作により、専用装置がなくても基本通りに作業を
おこなえば、1次発菌でも菌糸ビンを作製出来ることが
解りました。

あとは3か月後に幼虫が大きくなってくれることを期待しています。

そして2本目のビンも作りますよ。






ここから下は各条件の菌糸ビンの写真となります。
B.jpg

F.jpg

D.jpg

C.jpg

E.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

菌糸プロジェクトに参加させて頂き感謝いたします。
自分は菌糸に幼虫を入れてるだけですけど(汗)
健康に大きく育って、安全に大きく羽化する夢の菌糸にしたいですね!
仕込みは本当に大変ですが応援しています!

こんばんは

菌は良くまわっていますね。
我が家は添加剤までですね。
市販ボトルとの比較結果を楽しみにしています。
オリジナルに軍配が上がることを期待しています。^ ^

Re: こんにちは。

グリーンさん

こんばんは。
菌糸ビン作製プロジェクトやっと投入スタートしましたね。
まずは3か月後にどうなっているのか…。
どの分量が良いかが判ればしめたものです(笑)。
よろしくお願いしますね。

Re: こんばんは

チョネさん

こんばんは。
菌が廻るのに約1か月は掛かるので、
大変ですが面白いです。
市販菌糸ボトルは優秀なものが多いですから、
それ以上はなかなか難しいのではないでしょうか(汗)
でも菌糸の持ちだとかは一次発菌の利点を生かして
市販品の上を目指したいです。
プロフィール

きくまる

Author:きくまる
FC2ブログへようこそ!                  軽井沢から埼玉県に移住しました。              趣味は(写真撮影、山歩き、自転車等々)⇒環境が変わってインドア派に変わりました(笑)。 年齢:アラヒフ 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
幼虫管理表

2011年
久留米
祖父江
明野
能勢YG
その他

2012年
久留米
祖父江
城島

2013年
久留米
祖父江
能勢YG

2014年
久留米
祖父江
能勢YG

2015年
久留米
祖父江
能勢YG

2016年
祖父江
能勢YG

最新トラックバック
月別アーカイブ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問ありがとうございます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。